MENU

 もともと性格的にはそんなにきっちりしていなかったこともあります。
大学卒業したけど就職せず無職のままで過ごしています。
何事にもルーズだったし、一生懸命何かをやるということもありませんでした。
大学を出てから社会に出て仕事をしていく、こんなイメージをまるで持つことができなかったのです。
自分には不可能な事であると思ってしまっていたと思います。
だいたい学生の頃からアルバイトをやっても続かなくてすぐ辞めちゃう、これを繰り返していたんです。
やっぱり仕事をするのって自分には合わないんじゃないのかななんて思っちゃったんですよね。
こんな事もあるから就活だってちゃんとやってこなくって、楽な事ばっかりやってきたんです。
他のキャンパスの友達たちはそれなりに頑張って仕事を見つけたりしていたけれど、私はそんなに張り切ることができなかったんです。
そんな私を見て親も、しっかりと就活をしなければダメだなんて言ってきたけれど、本当にそれを聞きいれるという事もなくて結局仕事をみつける事ができなかったんです。
仕事が見つからなかったけれど、アルバイトでもやっていけばいいかななんて気持ちになってしまっていました。
だけど、学生時代だってアルバイトが続かなかったのに、卒業した後、ちゃんとバイトができるわけもありません。
卒業した後はダラダラとした生活を送っていく事になったんです。
無職で夜ふかしをして、昼まで寝ている、この生活が何とも言えなく心地よくて、暫くこんな生活を続けていきたいなって思うようになってしまっていたんです。
しかしそんなに世の中甘いものでもなく、両親の怒りはかなり強いものになっていたようでした。
ある時、両親から宣告されてしまったのです。

このままではこの家に置いておくことはできないから、仕事をみつけるかまたは家を出て行くかどちらか洗濯しろと、強い口調で言われてしまったのでした。